2018年10月25日

東京マルイ GLOCK19 発売ホヤホヤレビュー!~前編

皆さんこんばんは!

さてさて今回は本日10/25(木)に新発売のホヤホヤ新製品
東京マルイ ガスブローバックハンドガン
「GLOCK19」レビューです!



スタンダードサイズのG17、サブコンパクトのG26の中間で
携帯性と操作性を両立させた程よいサイズのコンパクト9mmオート。

サイズ感の比較。G34、G17、G19



コンシールドキャリー(ガンを隠し持つ)にも適しており、
あらゆるシチュエーションに対応可能な事から
米海軍特殊部隊「NAVY SEALS」や米海兵隊「MARSOC」等でも
使用されているという、ミリタリーユースでもLE系でも
バッチリ使えるオールラウンダー。





以前からファンも多く、KSCやマルイG26ベースのKJ WORKS等から
製品化されてましたが、今回は業界最大手の天下の東京マルイさんから
満を持しての登場となりました!




まずは箱。シックでいいデザインですね~



ご開帳。内容物は特に変わった物はありません。



”ハンドガンの顔”と言われる左側。
各種刻印もバッチリ再現。



右側。フレームの東京マルイ刻印以外は雰囲気抜群!



今回ただのダウンサイジング焼き増しモデルでは
ございません。
まず萌えポイントその1、
エキストラクターが金属製別パーツで再現
今にも動きそう!ちなみに裏側から固定されている様ですが、
パーツリストには別パーツ表記が無かったので
今回はバラすのは止めておきますicon10


個人的萌えポイントその2
今までモールドだったロッキングブロックピンが
別パーツでリアルに再現

サードパーティー勢フレームではありましたが、今回は
メーカー純正でしっかり再現!

チャンバーの雰囲気も実銃そっくり!
ハイパー道楽様サイトに掲載の「CQBグアムG19 Gen4」リポート
と見比べてみると面白いかも。


チャンバー上、前部がわずかにスラントしてるところも
しっかり再現してあります。

留めネジが貫通しているフロントサイトもそっくり。


リアサイトはオーソドックスなグロック17と同タイプ。
ちなみにサイトは従来のマルイグロックシリーズと互換性あり。


ホップダイアルはM&P9シリーズのようなWギアで
エジェクションポートから調整可能。




分解せずにホップ調整できる優れもの♪

フィールドストリッピング(通常分解)は今までどおり
スライドロックレバーを押し下げてスライドアッセンブリーを
前方に抜くのですが、これがやたらと固かった!icon10


厚手の布をスライド後部に当ててプラハンでコンコン叩いて
やっと抜けました(汗)

リコイルスプリングガイド。
USPコンパクトに似たバッファーが入ってます。
Oリングが2個も挿入されてます。
ボアアップシリンダーでリコイルが強くなっているので
耐久性UP対策でしょうね。



スライド前面内側の金属インサートもG17から形状変更です。
マルイグロック17、26、22、18Cはこの「アゴ」が弱点の一つで
弾数撃つとよく割れますが、新規G19は丈夫そう♪



ちなみに実銃ではすでに第5世代「Gen5」まで出ているグロックシリーズ。
海外メーカーでは精力的にGen4タイプなどモデルアップされているのに
なぜ今回ほとんど新規製作にも関わらずかたくなにGen3なのか…!?

実銃Gen4はフレームが違うだけでなく、強装弾にも対応出来るように
ほとんどのモデルがG26のような
ダブルリコイルスプリング&ラージヘッドの
リコイルガイドとなっておりますが、
プラスライドでこのラージヘッドガイド対応 スライドを作ろうとすると相当肉薄になるので、
強力なエンジン搭載のG19、
敢えてGen3にしたんじゃないかな~なんて。



G26ではラージヘッドガイドを再現してますが、
いかにも割れそうですもんねicon10
実際G26はゴムバッファー等を入れてやらないと
結構早めに割れます…

アウターバレルやチャンバーカバー形状も新規。

アウターバレル以下画像の部分がガイドとなっており
スライド内側のガイドレールと合わさる事で
スムーズな見かけ上のショートリコイルを再現。





ちなみにG34&G22ではアウターバレルに「羽」がついており、
同じ役目を果たしていましたが、羽がバレルを右に傾かせるのか
右よりの着弾の製品が多かった印象ですが、
今回の再リニューアルで改善されているかも!?

そして今回の目玉の一つ、「新規ボアアップシリンダー&ブリーチ」



形状から何から完全新規。従来パーツとの互換性は
ありません!新規ブリーチを旧製品に載せるのもできません。


スライド後部プレートは別パーツで再現。
そのうち色んなマーク入りのサードパーティー製パーツが
出そうですね!社外品ブリーチでは既に存在しますけどね。

ピストンはテーパーのかかった面白い形状。



新型はシリンダー内径約15mm。これがパワフルリコイルの源。


旧型は13mmちょい。シャープで軽いリコイルなので
シューティングユースならまだまだ需要ありですね!

負圧バルブからシリンダー後端まで、
新型は約21.5mm


旧型は20mm。内径、全長共に新型は容積UPですね。

色々細かくリニューアルされているので、フロントのインナーシャーシや
リアのハンマーハウジングも新規。




ハンマーハウジングはちょいちょい細かい所の形状が
違いますが、効果はまた後日ゆっくり検証したいと思います。

ハンマーハウジングユニット自体はまるっと旧型と入れ替え可能。

余談ですがG17系とG19、26はバレルをロックするプレートの位置が
違うのでスライドの互換性はなし!



ならばG19とG26はスワップ出来るのかと思いきや…

G19フレームにG26スライドは「アゴ」がでかくて入らない、
逆はインナーシャーシ形状の違いでそのままでは入らないという
結果に。G26系フレームにG19シャーシを組み込めば入るのか…!?


なんかややこしくて頭がショートしてきそうなので(笑)
こちらも後日時間があれば検証してみたいですね~

ちなみにトリガーバーや金属インサート入りマグキャッチ等、
フレーム側は17からの強化版G22やG34に準ずる仕様でした!




そしてもうひとつの目玉、
「リアルサイズで実銃G19用ホルスター使用可能」



従来のマルイグロックシリーズはちょっと太めで実銃の
45口径グロック用の大きめホルスターがフィットしていましたが、
今回はしっかりG19用のホンモノホルスターが使用可能!

ちなみに画像は主に競技系装備、アイテムで有名な
イタリアのイクイップメントメーカー「GHOST」
「Civilian Holster」G17、22用。


マルイG17系はどう頑張っても無理でしたが、この通り
G19はピッタリフィット!

レースホルスターは有名ですがタクティカル系は意外と国内でも
レアなGHOST。ロゴやカーボン風テクスチャーもクールで、
ひと味違うカイデックスホルスターをお探しの方にオススメです♪

新宿店では現在各社ハイキャパ系(4.3やゴールドマッチ含む)に対応する
実銃STI/SV用をご用意しておりますので、気になる方は
スタッフまでお声がけくださいね♪



…とちょっと脱線しましたがicon10
リアルサイズという事で旧型との違いを比較。

スライド幅、新型約26mm弱(適当)


旧型約26mm強。若干旧型が幅広。

スライド高、新型も旧型も約22mm。
これはほとんど差異なし。



最も違うのがフレームの最大幅。
新型約28.5mm


旧型約29mm

おもにこの僅か0.5mmのフレーム幅のせいで
旧型は実銃ホルスターに入らなかったんですね~

最後にトリガーガード幅。
新型15mm。


旧型14mm。こっちは旧型の方が狭いですね。
G19はトリガーガードでロックする
いわゆるレースホルスターには入りませんでしたicon10

G19マガジンはGen4以降のタイプを踏襲した形状。
説明書には22+1発とありましたが、マガジン内は21発程度の方が
余裕があって良いかと思います。


ガス容量を稼ぐ為、ボトムパーツの固定方式が横から
ピン2本留めに変更。



ベースプレートは従来通り交換可能。
G17系マガジン用バンパーも装着できます。



一番気になるのは従来品用ロングマガジンとの互換性。

発売直前のホビーショーでは、「互換性はあるが作動性能が云々・・・」などと
噂されていましたが、今回実際に撃ってみたところ
全く問題なく長めのマガジン
使えました(^o^)




ちなみにこちらが純正マグの初速。



従来品マグ初速。


(マルイベアリング0.2gBB弾使用)
ほとんど同じですね!
(むしろ旧型マグのほうが若干パワフルな気も…)

装弾数&ガス容量多めのロングマグが使えることで
既存のマルイグロックユーザーでも安心ですね!

ただいま詳細レビュームービー編集中ですが、
お先にちょっとだけ、純正マグと従来品マグの互換検証
動画を先行でご覧ください♪


当店常連のまっちゃん様もちょうどG19を購入されてご来店!
X300ウェポンライトも問題なく装着OKとの事でした♪




…という事でまだまだ書き足りない東京マルイ GLOCK19リポート
長くなりそうなので今回はこの辺でicon10
次回後編は「実射性能チェック」をお送りいたします!








同じカテゴリー(宣伝・告知)の記事画像
アクションマッチ&プラクティス!!
今週末はショットガン&RUN&GUN!
有吉くんの正直さんぽでシューティング!?
明日は「有吉くんの正直さんぽ」に出るよ!&APS練習会開催!
バリケード練習会開催告知!!
SSN CLASSIC FINALご参加ありがとうございました!
同じカテゴリー(宣伝・告知)の記事
 アクションマッチ&プラクティス!! (2018-11-20 23:01)
 今週末はショットガン&RUN&GUN! (2018-11-19 21:19)
 有吉くんの正直さんぽでシューティング!? (2018-11-17 21:05)
 明日は「有吉くんの正直さんぽ」に出るよ!&APS練習会開催! (2018-11-16 16:44)
 バリケード練習会開催告知!! (2018-11-13 21:24)
 SSN CLASSIC FINALご参加ありがとうございました! (2018-11-11 16:16)

Posted by シューティングレンジ TARGET-1  at 20:46 │Comments(0)宣伝・告知スタッフ日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

プロフィール
シューティングレンジ TARGET-1
シューティングレンジ TARGET-1
「秋葉原、新宿」にある
エアガン専用射撃場!
    TARGET-1
手ぶらでも持ち込みでもOK
Let's enjoy shooting!!


秋葉原店
12:00~22:00(平日)
11:00~22:00(土日祝)
所在地
東京都千代田区
外神田2-9-3

ユニオンビル工新 B1F
電話
03-3525-4284

新宿店
12:00~22:00(平日)
10:00~22:00(土日祝)
所在地
東京都渋谷区幡ヶ谷1-7-5
タカヤナギビル2F
電話
03-6300-7866
公式ホームページ
< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 14人